村の乱交祭りが過激すぎ!花園メリーゴーランド5巻ネタバレ・結末

花園メリーゴーランド5巻表紙

いよいよ完結を迎える花園メリーゴーランド!

4巻では相浦が神社に閉じ込められ、春子は睡眠薬を盛られてしまいましたが、一体どんなラストを迎えるのでしょうか。

ここでは最終巻5巻のネタバレと結末について書いていきます。

花園メリーゴーランド5巻収録各話タイトル

5巻収録されている各話のタイトルは以下の通りになります。

  • 第44話「Last night」
  • 第45話「退路なし」
  • 第46話「罪と罰」
  • 第47話「理不尽」
  • 第48話「きたかさっさ」
  • 第49話「宴」
  • 第50話「めくるめくる」
  • 第51話「ケダモノの嵐」
  • 第52話「オスとメス」
  • 第53話「宇宙の入口」
  • 第54話「鍵を握る手」
  • 第55話「夜を抜ける」
  • 第56話「花園の出口へ」
  • 最終話「リンダリンダ」

花園メリーゴーランド5巻ネタバレ

神社に閉じ込められた相浦のところへ、お面をかぶった村人たちが続々と集まってくる。村人たちが神社の中へ入ってきたため、奥の洞窟へ逃げる相浦だが、あっさり見つかりボコられて捕まってしまった。一方、相浦を探しに神社にやってきていた春子もまた、澄子と言い争っているところを見つかり、捕まってしまう。

木に縛り付けられた相浦だが、ボロボロ泣いているところへ幸枝が現れたので、助けを求め、縄を抜け出すことができた。春子と合流するためまさがやへ戻る相浦だが、春子がいなかったため、烏丸を持ち、村人と同じ面をかぶって、神社へ戻ることに。

物置に閉じ込められた春子を発見するが、鍵がかかっていて壊すこともできなかった。春子は澄子に相浦が村でしたことを聞いていたため、激しく相浦を責め、鍵を探せと迫る。

相浦は村人に混じって鍵を探すが、みんな浮かれているため酒を飲まされたり、記念写真の撮影に参加させられたり、体を弄られたりしてしまう。気付くとそこかしこに交わる村人たちの姿があり、息子が臨戦態勢になってしまった相浦は、とりあえず抜こうと自慰行為を始めた。そこへ酔っ払ったおばちゃんが現れたのでヤろうとする相浦だが、払い除けられたので、他の女を探すことに。そしてそこに現れたお面の女を捕まえてヤってしまうのだが、その女は澄子だった。

好きだと言う澄子と抱き合っていて、すべてがどうでも良くなってきた相浦だったが、澄子が落とした鍵を見て春子のことを思い出した。さらにそこを村人に見つかってしまう。相浦は澄子を払い除け、春子のところへ走る。

物置から春子を連れ出し、まさがやで荷物を取って二人はバス停に向かった。途中村人の襲撃を受けるが、烏丸で撃退。澄子が影で協力してくれたこともあり、なんとか橋のところまで来ることができた相浦だが、後ろから腕を掴んだ澄子を烏丸で切りつけてしまう。澄子は相浦が落としたテレカを相浦に渡しへたり込んでしまった。橋の向こう側にバスが来ていたので、そのまま澄子を置いてバスに乗り込み、二人は無事に脱出することになる。

花園メリーゴーランド5巻結末

その後、相浦と春子は疎遠になり、会うこともないまま二十歳を超えて成人。

春子は柏木ハルコの名前でマンガを描くようになり、花園メリーゴーランドの執筆に当たって相浦と連絡を取り、取材のため数十年ぶりに柤ヶ沢を訪れる。そこで二人は澄子と再会を果たすのでした。

全巻ネタバレはこちら。

花園メリーゴーランド全巻ネタバレ

花園メリーゴーランドは期間限定で無料試し読みできます。

1巻全部に2巻も?無料で花園メリーゴーランドを読む方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク